EPZの範囲について

ver:2011/4/22
2011年3月28日本田整形外科クリニック 本田忠


防災対策を重点的に充実すべき地域の範囲(EPZ)
定義
;仮想事故を相当上回る放出量を仮定した場合でも,その範囲外では防護対策が必要ない範囲。
避難時間の確保
 実際の事故時に実際どれくらいの放射線量がでるかわからない。あらかじめ推定で想定事故の量を決めて設定する。退避時間を考慮して設定する。風速はかなり早い。
なぜ円でなければならないか
 放射能は風に乗り広がる。発災時の風向きはあらかじめ予測できない。発災後の汚染範囲は水素爆発時等のエピソード時の風向きやら降雨でほぼ決まってしまう。汚染範囲が確定すれば後はもとより円にこだわる必要はありません。

EPZの範囲は本来は健康被害を考えれば80kmが望ましい
 2011年3月25日の原子力安全委員会のシミュレーションでも、通常の公衆被害基準の1mSv/年ではなく、12日間で100mSv/12日間になる可能性のある被害範囲は60−70kmの範囲に及んでいます。この観点からは、米国のように80km(1mSv基準)を避難範囲にするという考え方もあります。いままでは10km半径(10mSv基準)でしたから広すぎるのではないかという、考え方もあるわけですが、別な観点からいえば、放射能は風向きで広がるわけですが、風速10m/sであれば台風並みで、時速20−30kmになります。現在の10kmでは、残念ながら致死的な放射線量であれば避難時間は確保されません。避難時間を確保するという観点からも、あらかじめの避難範囲が広ければ広いほどよい。よって健康要件だけ考えれば80kmあたりの範囲が妥当なようです。

財産権を考えれば最小限とならざるを得ないしかし
 
米国などと違い人口密度の高い日本では避難範囲を大きくすればするほど、避難民は増える。社会的影響が大きくなる。そこらの健康との兼ね合いで決まっていくことになる。ということは、現在の日本ではそうサイズが大きくなることはなさそうです。またしきい値なしモデルではなく、しきい値仮説がICRP基準になれば、100mSv/年以下に神経質になる必要もなさそうです。あまり狭くすればしかし、もし不幸にして、大量の放射線が漏れた場合、それこそ「想定外の事故」で、被爆する方が飛躍的に増えてしまうことになりかねません。いずれにしろ設定は実際は、健康のみならず、社会的要件まで考慮すれば、かなり難しいことになります。


安全係数を広くするなら屋内退避基準10mSvではなく年間被ばく上限基準である0.1mSvにするべきではないか
防災対策を重点的に充実すべき地域の範囲:EPZ:Emergency Planning Zone」
日本は発生源で1Svの漏れを想定している
距離の二乗に反比例するから10kmの地点で10mSvであるなら、源xでは X/10*10=10。よってX=1000mSv=1Svとなる。
安全係数をどこまでとるのか
日本のごとく屋内退避基準10mSvにとるのか、あるいは一般放射線被ばく上限である0.1mSVにとるのかで退避範囲は異る
日本の場合;(原子力安全委員会)10km
その範囲外では防護対策が必要ない範囲をEPZ としている。発災地から10kmの地点で,10mSv(屋内退避基準)
アメリカの場合:半径50マイル(約80km)アメリカ原子力規制委員会
 「核施設から50マイル半径内にいると、平均1年間に0.01ミリrem(レム)の放射能汚染を受ける可能性がある」=0.1mSvの放射線を受けることになります。これは、日本でも定められている、一般公衆の放射線被ばく量の上限です。


日本の考え方
防災対策を重点的に充実すべき地域の範囲(EPZ)
原子力安全委員会:仮想事故を相当上回る放出量を仮定した場合でも,その範囲外では防護対策が必要ない範囲をEPZ としている。
発災地から10kmの地点で,10mSv(屋内退避基準)
根拠
放出源から500mの距離における線量を1とした場合風速は1m/sとした。放出源から8km及び10kmの距離において防護対策指標の下限値(外部全身線量10mSv及び小児甲状腺の等価線量100mSv)となる希ガス及びヨウ素の放出量を求めた。
3.スリーマイルアイランド原子力発電所の事故
この放出量の大部分は事故発生後7日間にわたり放出された。同じ量の希ガスが、1日間で連続的に放出され、かつ、前述のPWR型発電所で用いた現実にはめったに遭遇しない線量を高めに与える気象条件を使用して解析を行うと、外部全身線量は、10 km地点で7mSv程度、8km地点で9mSv程度となり、当該区域の外側では、退避措置が必要となるような事態に至ることはないものと考えられる。
なお、TMI事故で、環境へ放出された放射性物質は、大部分が放射性希ガスであり、放射性ヨウ素は、殆んど施設内に止まっていた。
4.昭和61年4月26日に発生した旧ソ連のチェルノブイル原子力発電所の事故においては大量の放射性物質が環境中に放出され、このため周囲30kmにわたって住民の避難が行われた。この放射性物質の大量放出は、事故発生直後に原子炉の上部構造、建屋等が重大な損傷を受け、この結果、放射能の「閉じ込め機能」が事実上完全に失われたことに加え、炉心の黒鉛が燃焼し、火災となって放射性物質の高空への吹上が生じて発生したものである。この事故は日本の原子炉とは安全設計の思想が異なり、固有の安全性が十分ではなかった原子炉施設で発生した事故であるため、我が国でこれと同様の事態になることは極めて考えがたいことであり、我が国のEPZの考え方については基本的に変更する必要はないと考える。(参考資料)ソ連原子力発電所事故調査報告書(昭和62年5月28日 原子力安全委員会ソ連原子力発電所事故調査特別委員会)
2.原子力施設等の異常時において事業者が通報すべき基準(特定事象の通報)
(1)−1 敷地境界付近の放射線量(線量率)1地点で10分以上5マイクロシーベルト毎時以上を検出するか、あるいは2地点以上で5マイクロシーベルト毎時以上を検出する場合(ただし、落雷による検出は除く)

アメリカの場合
米国では緊急時対応計画が必要な区域として2種類の緊急時計画区域(EPZ:Emergency Planning Zone)が設定されている。発電所の中心から半径約10マイル(16km)の「プルーム被ばく経路」といわれる一次区域では、主に避難と屋内退避を実施する。「食物摂取経路」といわれる二次区域は、発電所の中心から半径約50マイル(80km)の区域で、主に汚染食物を摂取することによる公衆の被ばくを低減させるため、家畜には貯蔵飼料を与え、食料および水を管理する防護措置が講じられる。なお、他方、実践的な考え方として、発電所の中心から周囲2マイル、風下5マイルの「即時避難」という区域がある。
半径50マイル(約80km)アメリカ原子力規制委員会の勧告
「核施設から50マイル半径内にいると、平均1年間に0.01ミリrem(レム)の放射能汚染を受ける可能性がある」1Sv=100re0.1ミリSvの放射線を受けることになります。これは、日本でも定められている、放射線被ばく量の上限です。


原子力安全委員会の被害範囲の見解
 原子力安全委員会が平成23年3月23日発表した緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(sppdi)を用いた試算を発表しました。原発の被災後、12日午前6時から24日午前0時まで、一日中外にいた場合、内部被曝が12日間で100ミリシーベルトに達する可能性がある地域には、原発の北西にある福島県南相馬市や飯舘村、川俣町のほか、南に位置するいわき市などの一部が含まれています。概ね40km範囲には収まっているようです。
発表図は以下です。



30km圏について
 30km圏というと南の境界は久ノ浜漁港です。放射線量は、実際の測定値でも、圏外の「福島市」など、現在、残念ながら、30km圏外でも、気まぐれな風の風向きや風速により、それなりに高濃度の放射線量が測定されているようです。今後も継続して蓄積されれば、よりリスクはあがっていきます。各地区の測定モニタリングによる濃度をみながら柔軟に避難範囲を決めていく必要がありそうです。



30km圏内に2011/3/25自主避難要請が出た
 枝野幸男官房長官は3月25日「福島第一原子力発電所から半径20〜30キロ圏内の住民に対して自主的に避難するよう要請した」ようです。同圏内は「屋内退避」でしたが「避難を希望する人が増加するとともに、商業・物流に停滞が生じ、社会生活の維持継続が困難となりつつある」とした。
原発から20〜30キロ圏内の自主避難呼びかけ 枝野氏
http://www.asahi.com/national/update/0325/TKY201103250255.html

原子力安全委員会の提言2011年3月25日
1)20〜30kmの屋内退避区域のうち、線量が比較的高いと考えられる区域に居住する住民については、積極的な自主的避難を促すことが望ましい。
2)同屋内退避区域の上記以外の区域に居住する住民についても、予防的観点等から、自主的に避難することが望ましい。

安定ヨウ素剤の考え方
1)屋内退避者が避難する場合は、避難を優先すべきであり、安定ヨウ素剤の服用は補完的なものである。
2)放射性ヨウ素による小児甲状腺の等価線量の予測線量が、100mSv に達するとみなされる場合に、全ての対象者に対し、安定ヨウ素剤の服用を開始する。
3)安定ヨウ素剤は、放射性ヨウ素の甲状腺への集積を効果的に抑制するため、予防的に服用するものであり、放射性ヨウ素が吸入あるいは体内摂取される前24時間以内または直後に服用することにより大きな効果を期待できるものであるが、24時間以降であれば、服用の効果は小さい。
4)安定ヨウ素剤の服用は、副作用を考慮し、原則1 回とすべきであり、2回以上の服用を考慮しなければならない状況では、避難を優先させることが必要である。
参考
原子力安全委員会
第19回原子力安全委員会臨時会議平成23年3月25日(金)
緊急時モニタリング及び防護対策に関する助言について

30kmよりはみ出している範囲は上記の図では具体的にどれくらいか
北は天井山あたり。北は川俣町の境界あたりまでで、地図で確認すると「福島県伊達郡飯野町天井山」あたりかと思われます。天井山は距離は第一原発まで46.9kmあります。


50kmの範囲
 天井山として50kmで円を描いてみましたが、南のいわき市の境界は江名小あたりのようです。


80kmの範囲
 80kmの円では十分にカバーできています。よって80km半径の避難が妥当ということになりそうです。そうなると、北は名取から西は猪苗代間。南は北茨城市までの広範な避難範囲となることになります。


ジリ貧状態
 低線量ですが延々と蓄積されつづけている。じわじわ増状態となっていて、改善はまだまだ先。原子力安全委員会から2011年3月25日に「今後なお、放射性物質の放出が継続すると考えざるを得ない状況を踏まえる」とのことでこの範囲内は原則30km以内は自主避難が提言されました。
残念ながら範囲は広がる可能性がある
 残念ながら早期の解決は困難なようです。今後「緊急モニタリングのデータが蓄積」やら「SPEEDIのシミュレーション結果」からは、より範囲が広くなる可能性もありそうです。speediではすでに40km圏に可能性のある地域が広がっています。


風と地形
 放射能の広がりは、風に乗って広がる。あくまで気紛れな風次第なんでしょうが、実測でも30km圏外で地形やら雨などによるためか、いわゆるhot spotもでてきている。地形による風の吹き溜まりなどか。あるいは雨とかでたまるようです。北の内陸で高い。逆に南のいわきなどの平地では風の流れが良いから低値であるようです。ビルなどでも変わるのでしょう。地域により濃淡がある。地形的にたまりやすいところは重点的に行う必要もあるんでしょう。
なにはともあれモニタリングを引き続き注視していく必要がありそうです。
被ばく量、30km圏外で高い地域も
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110325-OYT1T01048.htm?from=main1

EPZの範囲の試算
 発災地からの放射能は、風任せで、風下に広がる。文字どおり風向きで変わるし地形でも変わる。SPEEDIシステムの図を見れば風向きにより概ね楕円形となる。風速も重要で、早ければ広がる範囲も大きくなる。濃度は距離の二乗で減衰する。
同心円と仮定すれば発災地の放射能量が
1Sv(急性放射線障害)であれば
10kmで 1000/10*10=10mSV
20kmで 1000/20*20=2.5mSV
30kmで 1000/30*30=1.1mSV
80kmで 1000/80*80=0.15mSV
3Sv(50%死亡)であれば
10kmで 3000/10*10=30mSV
20kmで 3000/20*20=7.5mSV
30kmで 3000/30*30=3.3mSV
80kmで 3000/80*80=0.46mSV
10SV(100%死亡)
10kmで 10000/10*10=100mSV
20kmで 10000/20*20=25mSV
30kmで 10000/30*30=11mSV
80kmで 10000/80*80=1.6mSV
EPZの範囲は50-100mSV以下(一回被ばくでも蓄積年でも)が望ましい
 現在の日本は予想事故の発災地の想定放射能量は1SVです。100%致死量の10SVからは安全係数は10倍となる。80kmはかなり厳しい安全基準ではある。10SVは原爆でもないとありえないということか。原爆をも想定しているということか。IAEA( 国際原子力機関) は、緊急防護措置計画範囲として30キロメートル圏域を設定するという概念(UPZ)を提唱している。しかし30kmでは不十分ではある。
EPZが10kmであれば
1SV  10mSv
3SV  30mSv
10SV100mSV
EPZが20kmであれば
1SV 2.5mSV
3SV 7.5mSV
10SV 25mSV
EPZが30kmであれば
1SV 1.1mSV
3SV 3.3mSV
10SV 11mSV
EPZが80kmであれば
1SV 0.15mSV
3SV 0.46mSV
10SV 1.6mSV
 1mSVはほぼどれでもクリアーできる。安全係数大きくとれば、同時に、その社会的影響や、避難人口は飛躍的に多くはなるが、住民の健康第一で「健康リスクを最小限に抑える」ことを考えれば、やむをえないことかもしれません。


避難時間の考察;三十六計 逃げるに如かず
致命的でない被ばく量であることを祈るばかり。まず初期濃度で決まりますね。風速によるが避難時間はないです。
○リミットは250ミリシーベルト
250mSv(250,000μSv)以下では臨床的な症状は出現せず、影響はない。
300mGy/hミリグレイ/時間
312.5mGy/h=250mSv/h
1000mGy/h(ミリグレイ/時間)=800mSv/h(ミリシーベルト時間)
n:ナノ
1mGy/h=10^6nGy/h

○距離と到達時間の目安
1)放射線の量は距離の二乗に逆比例する。
1Kmの地点での放射線量を1とすると10Kmの地点では1/10x10=1/100 となり、百分の一の被ばく量となる。20Kmの距離に避難すれば、四百分の一となる。
2)風速1 m/s = 3.6 km/h
  風速10mであれば36km/h
ドイツ誌掲載の放射性物質拡散シミュレーションについて http://www.spiegel.de/wissenschaft/natur/bild-750835-191816.html


●実際の計算
○青森県八戸市当院の場合 350km
1)放射線量は12万分の一
医院から第一原発までの距離 350km。
1Kmの地点での放射線量を1とすると10Kmの地点では1/10x10=1/100 となり、百分の一の被ばく量となる。20Kmの距離に避難すれば、四百分の一となる。350kmなら1/350*350=1/122,500
2)風速10mで当地に到達するまで10時間
やや強い風10m/s=36km/h
350km/36km/h=9.7時間
青森県空間放射線量率等のリアルタイム表示(地図表示)
http://gensiryoku.pref.aomori.lg.jp/atom/index.html

○いわき市錦町 61km
福島県双葉郡大熊町大字夫沢字北原22まで61,714 m
福島県いわき市錦町上中田
1)放射線量は3800分の一
1/62*62=1/3844
2)到達するまで1,7時間
62/36=1.7時間

○茨城県土浦市神立 160km
福島県双葉郡大熊町大字夫沢字北原2まで160,694 m
1)放射線量は2万5千分の一
  1/160*160=1/25600
2)到達まで4.4時間
  160/36=4,4時間

○東京都調布市布田 236km
 福島県双葉郡大熊町大字夫沢字北原22まで236,797 m
1)放射線量は5万6千分の一
1/237*237=1/56169
2)到達まで6.6時間
237/36=6.58時間
リアルタイムの風向き
アメダス実況天気図
http://weather.excite.co.jp/img/ame_wind/
http://tenki.jp/amedas/pref-10.html?amedas_type=wind


ICRP勧告;公衆被ばくにおける線量拘束値 (216)
(218)緊急時における拘束値のレベルは、国の責任
(219)既存の被ばく状況における拘束値の選択は国の責任であり、拘束値は年100mSvを超えるべきではなく、一般的に年約20mSvを超えるべきではない

広報の在り方
100mSv以下での対応:確率的影響レベル
判断材料の公開
ICRP2007年勧告:線源関連の線量拘束値と参考レベルの枠組み
1)個人に放射線リスクと線量低減措置に関する情報を提供すべきである。
2)個人線量評価を実施すべきである。
可能であれば、個人が自らの線量を低減するために一般情報を利用できる状態にすべきである。計画された状況の場合、個人のモニタリングや訓練を実施すべきである。
津田敏秀・岡山大教授
 その計算結果は、少しでも被曝していればゼロでないはずです。「こんなのまだまだ心配ないし逃げるのも大変だから居続けます」とするか「これ以上はイヤだから逃げる」というのは個人に任せる手もあります。そもそも仕事や学校の都合、収入の多少、ADL状態、介護の有無等々、各家庭や個人の事情はバラバラです。動ける人と動けない人まちまちです。「不安の大きさ」も違うでしょう。それを行政が一括して「ただちに影響がない」というふうにまとめてしまうところに(実はまとめてしまうと、こういう言い方にどうしてもなってしまうのですが)、意見の食い違いというより、聞く側に不満が蓄積する理由があります。「原発は絶対に安全です」と電力会社だけでなく国などの行政が言っていたわけですから、風評被害と片付けずにわかに信じてもらえないことも考慮すべきでしょう。しかし行政はみんなを相手にしているのですから、こう言うしか言いようがないとも言えます。
累積放射線量をはかるべき
 従って、各人電卓で計算してもらって自分で判断してもらうのが一番良いのではないかと思います。そのためには、自分が住む地区ではどの程度の放射線量がこれまであったのか(累積放射線量:時間毎の放射線量の積分)を、示してもらうべきでしょう。
以上引用終了


しきい値なしモデルはY=0.06X
 被ばく線量に比例して障害は増える。直線・閾値なし(LNT)仮説モデルは、2007年勧告Y=0.06(0.055+0.002)Xであり、一次式でy=ax+bの切片=しきい値bはない。よって一定のレベル以下は安全と言うわけではない。以下参考より引用(2007年ICRPでは合計で0.06とされた)
 ICRP2007年勧告では、がんでは0.055 /Sv(Sv-1)、遺伝的影響では0.002 /Sv、合わせて0.057 /Svの損害リスク係数が見積もられています。これは、がんや遺伝的影響の出るリスクが1 Svあたりでそれぞれ5.5 %、0.2 %増加するということを意味します。例えば100 mSvを被ばくした場合は、リスクはそれぞれ0.55 %, 0.02 %増加します。ここで、次世代への遺伝的影響は被ばく者本人ががんになるリスク係数よりも20倍以上低いという事を強調しておきたいと思います。普通に日常生活をすごす人ががんになるリスクは約30 %とされていますが、放射線被ばくの線量によってこのリスクがさらに追加されて増加する事になります。
以上引用終

100mSv以下だと安全というわけではない
 念のためですが100mSV以下だから安全というわけではありません。単に障害が確定しているのは100mSV以上というだけです。被爆量に比例して予想される障害が直線的に増える以上、いうまでもなく放射線など浴びないにこしたことはないと思います。では100mSv以下で具体的に安全係数をどこまで設定するかは、各位(自主避難、屋内待機)に任せられているともいえます。

確定的影響と確率的影響


しきい値仮説:最近の有力な考え方
 いままでは、確率的影響のお話です。しかし最近は「確率的影響」はない。「確定的影響をしめす100mSv/y以下は安全である」というall or nothing的な最近の考え方も有力です。ただ残念ながらまだ「ICRP勧告には採用されていない」ようです。最も、いずれの考え方がICRPに採用されても、数値基準は「安全率をかけて」行われますから「実際の基準はあまり変わらない」と思われます。ただ解釈だけが変わる。つまり、「しきい値仮説」によれば100mSV/年以下は安全である。ただ安全係数を考えて低く設定する。「しきい値なし仮説」によれば「しきい値がない」わけであるから10−100mSVの低線量でも健康被害がある。なお自然放射線である、2.4mSV/年(国際:日本は0.99mSv/年)以下はバックグラウンドになってしまいますので、このような超低線量はいずれにしろあまり考えなくてよいようです。


参考
30キロ圏外の一部、内部被曝の可能性 極端な例で試算
http://www.asahi.com/national/update/0323/TKY201103230465.html
原子力安全委員会
緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)の試算について
http://www.nsc.go.jp/info/110323_top_siryo.pdf

距離計算
第1原燃;福島県双葉郡大熊町大字夫沢字北原22番地
http://www.benricho.org/map_straightdistance/
http://worldmaps.web.infoseek.co.jp/distance_calculation.htm

シーベルト
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88
被ばく
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A2%AB%E6%9B%9D
線量評価
http://www.remnet.jp/lecture/forum/sh07_02.html
SPEEDIシステム
System for Prediction of Environmental Emergency Dose Information
http://www.bousai.ne.jp/vis/torikumi/030110.html
http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_Key=09-03-03-01
http://www.remnet.jp/kakudai/06/presen1.html

損害リスク係数ICRP2007年勧告
http://www.jstage.jst.go.jp/article/jjrt/63/11/1320/_pdf/-char/ja/
ICRP2007年勧告新勧告の改定の要点と基本的な考え方
http://homepage3.nifty.com/anshin-kagaku/070520yonehara.pdf
ICRP新勧告案(2006.6)の特徴
http://criepi.denken.or.jp/jp/ldrc/information/restriction/20061220_cmntsmry1.html
ICRP勧告(1990年)による個人の線量限度の考え
http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_Key=09-04-01-08
放射線のリスク評価 (09-02-03-06)
http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_Key=09-02-03-06
放射線の確定的影響と確率的影響
http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_Key=09-02-03-05
放射線被ばくに関して:李玲華・ドイツ重イオン研究所
http://smc-japan.sakura.ne.jp/?p=1137
2011年3月19日時点での<放射性物質でがんになる>という話題について
http://smc-japan.sakura.ne.jp/?p=1382
以下が委しい
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jhps/j/issn-report/report2010-2.pdf


参考2:EPZ関連
防災対策を重点的に充実すべき地域の範囲(EPZ) http://www.bousai.ne.jp/vis/bousai_kensyu/glossary/ho09.html
原子力防災対策を重点的に充実すべき地域の範囲 http://www.pref.fukushima.jp/nuclear/bousai/bousai231.html
原子力施設等の防災対策について原子力安全委員会 http://www.nsc.go.jp/anzen/sonota/houkoku/bousai200307.pdf
原子力防災対策検討委員会における議事等要旨(H19.7.17) http://www.pref.ibaraki.jp/bukyoku/seikan/gentai/nuclear/bosai/pdf/190717kensitsugi.pdf
「原子力施設等の防災対策について」(防災指針)(見消し最終版) http://www.pref.ibaraki.jp/bukyoku/seikan/gentai/nuclear/bosai/pdf/190717siryou-3.pdf
米国における原子力防災対策 (10-06-02-01) http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_Key=10-06-02-01
原子力施設に係る防災指針の見直しを求める意見書 http://jcpy.sakura.ne.jp/o/wp-content/uploads/2010/10/101014bosai.pdf
IAEA 文書において示された緊急防護措置計画範囲(UPZ)について http://www.nsc.go.jp/senmon/shidai/bousin/bousin003/siryo3.pdf
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110320-00000018-mai-soci
2011年3月17日福島原発を、危機管理の立場から考察する vol.2 http://kimuramoriyo.blogspot.com/
http://www.nrc.gov/about-nrc/radiation.html
http://www.kimuramoriyo.com/moriyotsubuyaki-medicine/20110314.html
スリーマイル事故 http://sky.geocities.jp/writingslate/tmi/index.html
東京大学理学系研究科・早野龍五教授の「原発に関するQ&Aまとめ」 http://1000nichi.blog73.fc2.com/blog-entry-842.html
スリーマイル事故 http://www.nuketext.org/threemile.html

参考避難計算EPZ
単位
http://www.jnfl.co.jp/monitoring/kaisetsu/spatial-nGyh.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88#.E3.82.B7.E3.83.BC.E3.83.99.E3.83.AB.E3.83.88.E3.81.A8.E3.82.B0.E3.83.AC.E3.82.A4
第一原子力モニタリングポスト
http://www.atom-moc.pref.fukushima.jp/dynamic/C0001-PC.html
茨城県のモニタリングポスト
http://www.bousai.ne.jp/vis/jichitai/ibaraki/
距離計算
http://worldmaps.web.infoseek.co.jp/distance_calculation.htm
福島第一原子力発電所
〒979-1301福島県双葉郡大熊町大字夫沢字北原22 http://www.tepco.co.jp/nu/f1-np/pavilion/s_hall-j.html
風速
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A2%A8%E9%80%9F
http://gensiryoku.pref.aomori.lg.jp/dp/pdf/plan.pdf