肘関節骨折


転倒その他で、骨折した場合、肘がはれて、動けなくなります。子供の場合は上腕骨顆上骨折、上腕骨外顆骨折など。

 大人の場合は上腕骨下端骨折、橈骨頭骨折など。レントゲンですぐわかります。診断は簡単です。

治療

 比較的保存的治療が多い骨折です。治療はいずれにしても正確な整復位をとることです。

○小児

子供の骨折の場合、腫脹が激しく、前腕の循環障害が出ることがあります。安静ときちんとした固定と、冷却や

高挙が必要です。十分に注意する必要があります。また成長とともに、内反肘や外反肘などが増悪することがあります。

その場合は成長終了後、角度の補正手術をすることもあります。経過観察することが大切です。

○成人

 大人でも、肘関節の動きが悪くなることがあります。一定期間の固定後の十分なリハビリが必要です。

目次へ戻る